ハンバーグ

ハンバーグ

ハンバーグ、またはハンバーグステーキは、挽肉(豚肉や牛肉、またはその他の畜肉等を含めたあわせ挽肉)に肉の粘りを出すための塩と、タマネギ等の野菜類のみじん切りと胡椒等の香辛料を加え、パン粉を混ぜ、こね合わせたものを楕円形や円形などに整形して焼いた料理のことです。
この料理は、下ごしらえに少々手間が掛かるものの、非常に食べ易い状態になっているため、児童や老人等の咀嚼力が弱い人でも食べることができ、また栄養があり消化も良いです。
大抵は付け合せに温野菜やサラダが用いられ、様々なソース類で味付けがされています。
主に挽肉とみじん切りにした野菜にパン粉を混ぜ、塩を加えて肉の粘性を出し、卵を繋ぎとして焼き固めたものですが、味の濃いスープで煮込んだ「煮込みハンバーグ」という料理もあります。
日本で食べられているハンバーグの原型は外国料理にありますが、長年の間に日本人の好みに合わせたアレンジがなされてきたため、現在では日本の洋食として取り入れられました。
英語で言うところのソールズベリー・ステーキ (Salisbury steak) によく似ていますが、ソースの味や使用する肉の種類、たまねぎその他の野菜やつなぎなどを多く入れて柔らかく仕上げる点などが異なるため、似て非なる味や食感になっています。
特に合い挽き肉の使用や卵を繋ぎとするのは日本独自のもので、ドイツのそれは牛肉を100%使用するパテに近いほとんど生の料理です。
特に児童に好まれることもあって学校給食でも人気メニューであるほか、ファミリーレストランの主力商品でもあります。

ハンバーグ

ナイフやフォークといった食器を使わなくても簡単に噛み切れるので、パンに挟んでハンバーガーにすることもでき、ファーストフードなどでも主力商品となっています。日本では箸でも容易に切れ、和風の味付けがなされることも多いですね。
その反面、ソースの味付け如何では肉の素材自体の品質によってさほど味が左右されないため、長らくは屑肉と呼ばれる商品価値の低い材料を食べられるようにする調理法とされる等の(やや不遇な)扱いを受けていました。
このため、ハンバーグはしばしば「質や程度の低い料理」と見なされることがあります。その起源からして、労働者向けの大衆食としての側面も存在しています。
様々な工夫を凝らす余地が随所にあるため、非常に多くのバリエーションが存在します。
味付けから使用する肉の種類や挽き具合、あるいは混ぜ込む材料や焼き加減などに工夫を凝らすことが可能です。